電子書籍か紙書籍か?読書をするならどちらがいいのか

 

ただの情報収集に限らず、読書をすることで得られるメリットはとても大きい。

楽しむため、将来のため、読書をする理由は人それぞれだと思う。

そこで、読書好きの中でも意見の分かれる電子書籍VS紙書籍問題について考えるために、それぞれの良い点を比較してみた。

電子辞書の良い所

ここでは、ぼくが実際に持っていて、人気の電子辞書の一つでもあるKindle Paperwhiteを例にした。

<良い所>

どこでも読める(Kindleさえ持っていれば、読みたい本を必要に応じて選ぶことができる)

マーカーが不要(ハイライト機能を使って、大事な所に線を引いたり、ハイライトを付けた部分だけをあとで見返すことができる)

再読しやすい(Kindleなら専用のアプリをダウンロードすれば、スマホやPCからいつでも読み返すことができる)

部屋がすっきりする(本棚を準備する必要がない)

買いに行く手間が無い(書店に足を運ばなくてもネットで購入可能)

紙書籍の良い所

紙書籍ならではのメリットも忘れてはいけない。

<良い所>

シンプルに読みやすい(慣れている分読書に集中できる)

書き込みができる(余白にメモをしたり、付箋を貼ったりできる)

モチベーションが上がる(どれだけ読んだのかが物理的に分かるので、読破したときの達成感が大きい)

覚えやすい(どこにどんな内容が書かれていたのか把握しやすい)

電子書籍が向いている人、紙書籍が向いている人

結論としては、目的や状況に合わせて自分に合った方法を選択することが一番だと思う。
素早く情報を収集したい人、外出時や隙間時間に読書をしたい人には電子書籍が向いているだろうし、本全体の内容をしっかりと頭に入れたい人、家でじっくりと読書を楽しみたい人には、紙の書籍が向いていると思う。

自分の持っているKindle Paperwhiteは電子書籍としては、とても使い勝手が良いので、紙の本が好きという人も是非一度使ってみてほしい。

電子書籍と紙の書籍を使い分けることで、読書ライフをどんどん充実させていきたい。